湘南に住みたい!の夢を叶えるなら…不動産会社選び完全ガイド

湘南江ノ島の朝

鎌倉

鎌倉の大仏

ここでは湘南エリアから鎌倉の不動産物件の実例と価格相場やエリア情報を掲載しています。

鎌倉の不動産物件実例

2018年11月時点に掲載されていた湘南の不動産物件から、鎌倉の掲載例をピックアップして紹介しています。物件情報は最新のものと異なる場合があるため、詳細は取扱不動産会社にお問い合わせください。

3,490万円【ロフトつきでゆったりくつろげる4LDK!】
鎌倉の不動産物件実例 所在地 神奈川県鎌倉市笛田83番4
アクセス 湘南モノレール「湘南深沢駅」徒歩16分
土地 109.93平方メートル
建物 98.54平方メートル
間取り 4LDK
取扱会社 株式会社東栄住宅 港南台営業所
3,180万円【地盤保証20年&エコジョーズつきで安心】
鎌倉の不動産物件実例 所在地 神奈川県鎌倉市山崎
アクセス 湘南モノレール「湘南町屋駅」徒歩8分
JR東海道本線「大船駅」徒歩21分
土地 61.79平方メートル
建物 79.48平方メートル
間取り 3LDK
取扱会社 明治地所株式会社 鎌倉駅前店

鎌倉の新築一戸建て・土地価格相場

2018年11月時点で実際に公開されている、不動産売買物件の平均価格を表示しています。物価変動や物件の状況によって価格は常に変動していますので、おおまかな参考価格としてご利用ください。

【建物面積による新築一戸建て相場】
60平方m未満 70平方m未満 80平方m未満 90平方m未満 100平方m未満 100平方m以上
3,500万円 2,300万円 2,916万円 3,260万円 4,015万円 3,929万円
【土地面積による新築一戸建て相場】
60平方m未満 70平方m未満 80平方m未満 90平方m未満 100平方m未満 100平方m以上
3,300万円 3,916万円 2,358万円 3,337万円 4,233万円 3,583万円
【面積による土地価格相場】
60平方m未満 70平方m未満 80平方m未満 90平方m未満 100平方m未満 100平方m以上
- - 2,200万円 2,400万円 1,535万円 2,147万円

鎌倉の住環境や人気エリアの紹介

市内の交通手段が豊富

小田急ロマンスカー

観光地としてのイメージが強い鎌倉は、JRの在来線をはじめ私鉄や地下鉄、路面電車、モノレールなど移動手段が豊富。中でも藤沢と鎌倉を結ぶ江ノ島電鉄は単線で海岸沿いを走るローカル感が観光客に人気です。

 

鎌倉北部の大船から江ノ島を結ぶ湘南モノレールや大船から鎌倉の南東に向かうJR横須賀線など、豊富な交通手段を利用すれば鎌倉市内をぐるりと1周散策することができます。

 

また鎌倉は都心部からのアクセスも良く東京からJR横須賀線で直通約60分、大宮からもJR湘南新宿ラインで直通約90分と短時間で移動できることも魅力です。

歴史的背景のある高級別荘地

鎌倉は源頼朝が鎌倉幕府を開いたことで有名な、歴史的にも重要なエリア。市内に寺院や神社の数も多く、鶴岡八幡宮や円覚寺には多くの観光客が訪れます。

 

また江戸時代の駆け込み寺として知られる東慶寺、あじさい寺とも呼ばれる明月院や成就院、長谷寺、大仏が有名な高徳院など1日では回り切れないほどの歴史的名所が市内に広く点在しています。

 

建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺は鎌倉五山と呼ばれ、鎌倉駅から北鎌倉駅までの順路で散策できることや著名人のお墓もあることから、お墓参りに訪れる人も多いようです。鎌倉山は昭和の初期には高級別荘地として開発が進み、多くの政財界、芸能界のセレブが好んで居を構えていました。

 

日常の空間と共存して高級別荘地としてのリゾート感覚が存在することが、鎌倉の一種独特な雰囲気を生み出しているのかも知れません。鎌倉では現在もアニメソングの帝王、水木一郎やみのもんた、つるの剛士など多くの有名人が暮らしています。

豊かな時間の流れと健康的な食生活

鎌倉は「エコ意識の高い街」「定年後に住んでみたい街」などのランキングで常に上位にランクインするなど、穏やかなスローライフを送れる街として人気が高まっています。

 

歴史と海と自然に恵まれた鎌倉の街並みは、豊かな時間の流れを楽しむ生活を実現するには最適です。特に鎌倉を象徴する単線、江ノ島電鉄沿線にはマクロビオティックスイーツや天然酵母パンが買える「ロハス」など、有機農法(オーガニック)をキーワードとしたグルメスポットが充実しています。

 

新鮮な鎌倉野菜が気軽に手に入る鎌倉駅近くの「鎌倉市農協連即売所」や、鎌倉野菜や地元で水揚げされた魚を使った地産地消のレストランも市内に点在しているので、健康的な生活を送りたい家族には最適なスポットと言えるでしょう。

鎌倉は住みやすい街か

鎌倉は多くの観光客が訪れる地として有名ですが、実は「住むための街」としての人気も、非常に高くなっています。

 

たとえば日経BP総合研究所が運営しているウェブサイト「新・公民連携最前線」が実施した調査『シティブランド・ランキング2016 -住んでみたい自治体編-』では、全国の数多くの自治体の中で、鎌倉市が堂々の4位にランクインしているほどです。

 

そんな鎌倉は本当に住みやすいのかというと「人によって評価は多少分かれるものの、自然の豊かさや落ち着いた雰囲気と、利便性の良さのバランスがとれている街を望む人にとっては最適」という感じです。

 

鎌倉は古都でもあるので、古い屋敷なども多く残っており、市内には源氏山公園や鎌倉中央公園などの大規模公園をはじめとした数々の公園があり、さらにお寺や神社なども数多く存在していますので、自然の豊かさ、緑あふれる落ち着いた雰囲気を存分に感じられる環境となっています。

 

日々の利便性については、JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ島電鉄の3路線が使えてアクセスもなかなか便利。

 

鎌倉駅から横浜駅までは約25分、東京都心の各駅にも1時間前後で行くことができます。

 

また、駅周辺にはさまざまな価格帯のスーパーがありますし、観光客が多いということもあって飲食店の数はかなり充実しています。

 

「日々の生活に困る」というようなことはほとんどなく、総合的に見てかなり住みやすい街であるといえるでしょう。

 

ただし、休日は多くの観光客が訪れるため、電車も道路も混雑することが多く「休日の観光客による混雑があるのは困る」という人にとっては不向きかもしれません。また、観光客向けのお店を利用した場合などは物価が高いと感じることもあります。

 

子育てに向いているか

鎌倉は海も山もあってレジャースポットに恵まれていますし、大小さまざまな公園などもありますので、親子で楽しめるスポット探しには困りません。

 

「自然豊かな環境の中で、子どもが楽しめることをたくさん体験させたい」というニーズにしっかり応えられる街であると言えるでしょう。

 

また、ボランティア・有志による、子育てに関する情報発信やイベントも充実しています。

 

たとえば、鎌倉市在住の母親ボランティアによる「鎌倉子育てガイド」は、出産・子育てに役立つサービスや施設の紹介、お店や遊び場の情報提供などが満載で、「子育てに関する情報を集めたい」という人にとって非常に頼もしい味方となってくれます。

 

また、鎌倉市内の子育て支援グループ有志が集まって運営している「かまくら子育て支援グループ懇談会」では、月に一度の「一日冒険遊び場」をはじめとしたイベント開催を実施しています。

 

また、鎌倉市も、子育てアドバイザーが常駐する「子育て支援センター」の運営や、子育ての悩み相談に応じる「こどもと家庭の相談室」の設置、ファミリーサポートセンターの運営、在宅子育て家庭支援事業の実施など、さまざまな方面からの子育て支援関連サービスを提供しています。

 

つまり鎌倉は「官民ともに子育て支援を強く意識している、子育て世代に優しい街」であると言えるのです。

 

老後も安心して住めるのか

鎌倉は自然豊かで寺社仏閣の数が多く、ショッピングや飲食などの利便性もなかなか高いことから、老後も「自然などを楽しみながら、日々の生活を便利に過ごす」という点では安心して住める街と言えます。

 

ただし、鎌倉の街は坂が多い街でもあるので、足腰が弱ってからの徒歩移動は若干厳しくなるところもありますし、さらに、人気の街であるからこそ老人ホームなどの介護施設は現状では少々不足気味で、即入居できるような空き物件が見つかりにくいという側面もあります。

 

ですから老後は「体力面などにまだ多少余裕のあるうちから、施設を探しておく」「介護予防のためのイベントなどに積極的に参加して健康寿命を伸ばすことを心がける」といった姿勢も求められます。

 
湘南のおすすめ不動産会社5選
湘南の人気観光スポット「江ノ島」


茅ヶ崎・鎌倉・江ノ島・辻堂・鵠沼・葉山・逗子など、湘南エリアの一戸建て・土地を扱う不動産会社を徹底比較しました。所有物件の豊富さや購入サポートの他、顧客満足度など、気になる情報をまとめています。

カテゴリー